ロルフィング

佳織さんのロルフィングに行ってきました

ロルフィングとは、筋膜を手技でリリースしていくというもので、
10回のセッションで姿勢が変わる

私は、春から受け始めて3回目

今回は、太ももの内側でした。




痛~い



私は、そのラインがかなり痛かったぁ~

私はO脚でなかなか治らなくて



でも,昨日のセッションで変わった


初めて、「普通の人はこんなところに重心があるんだ
って感じることができました


太ももの内側のラインは、弓の弦のような役割をしていて、

外側が緊張している人は、この内側も緊張しています。


私が、パーソナルをする時
外側が緊張している人に対して、
この内側内転筋群を緩めてあげます。


そうすると、外側が緩んできます

そんな風に私達の筋肉は、筋膜でつながっているんですね

スポンサーサイト

| NEXT≫