側弯症へのアプローチ

側弯症というのは、どの様な状態になっているのか…

脊柱がC字やS字に曲がっているように見えるけど実は回旋も伴っていて

側弯症ひどい人は、内臓へ影響をおよぼす

また、呼吸への影響も大きい


では、ストットピラティスはどの様にアプローチしていくのか…

まず可動域を増すようにアプローチして

その時にあったスタビリティを確保していく

無理に真っすぐのラインに合わせるのではなく

自らのバランスの強化によって徐々に筋肉の不均等を是正していく


以前マリジョセでも側弯症のWSを受けたが

アプローチ法は全く異なる

共通点は呼吸によるアプローチを大切にしているところ

非対称の動きを行なうこと


ピラティスは自ら持っている力で、自ら修正していく

それはとても安全である事

改めてピラティスの良さを実感しました(^ー^)ノ
スポンサーサイト

| NEXT≫